セミナーで発表している男性

仕手株を見つけて買えば、一気に価格上昇が起こりますから、それに乗るという戦略は成り立たないわけではありません。
しかし、リスクが高いことは常に頭に入れておかなければなりません。
仕手株として選ばれる銘柄は、良くもなく悪くもないものが多いです。
高い業績が見込めるわけではなく、かといって業績に不安があるわけでもない銘柄が適しています。
通常、価格が上昇するときには業績が改善したり、あるいはそれが見込まれる状態であることが多いです。
ファンダメンタルズで見て割安だと判断されれば一気に買い上がられることもあります。
仕手株の場合、ファンダメンタルズに関係なく需給によって株価が変動します。
ですから、上昇していたとしても、それが業績とは関係ない場合が多いのです。
ですから、需給が悪化すると一気に下げる現象が見られます。
一気に上昇した後には、たいていは一気に急落します。
このときには買い手不在という状況になることがあるのです。
つまり、売りたくても売れない状態です。
それが仕手株なのかどうかと言うことを判断するのも難しいですから、早めにリグってしまうのが良いと考えられます。
仕手株は、基本的には短期売買に用いるべきものだと言えるでしょう。
ですから、長期的に保有するべきではなく、日足チャートを見て、少しでも下げそうな雰囲気があれば、早めに利食うのが良いです。
もちろんですが、利食ったあとに上昇して悔しい思いをすることもあると思いますが、リスクを抑えるためには早めに利食っておいた方が良いです。
欲張って利食いが遅れてしまうと、ストップ安が続いて売るに売れなくなってしまうこともありますから、欲張らないように注意しましょう。