• ホーム
  • 株式会社買取王国の株価と仕手株について

株式会社買取王国の株価と仕手株について

日本円の札

株式会社買取王国は東海地区を中心に出店をしている医療やホビーを主体とする買取事業を行っている企業です。
上場以後株価の低迷が続いており、株価のチャートの推移は右肩下がりとなっています。
上場している市場はJASDAQ市場であり、今後の発展が期待される市場ではありますが、現在のところはそれほどはっきりとした成長路線にある企業とは言い難いところがあります。
株式会社買取王国の現状としては明確な成長基調にはないものの、株価が安定し始めている状況にあると言えます。
実はこのような株式に関しては仕手株になることが懸念される株式の条件を若干程度満たすものであるということが知られており、取引を行う投資家にとっては注意しなければならないものであると言えます。

仕手株と言うのは仕手筋と呼ばれるプロ集団が仕掛ける投機の様なものであり、様々な手段が存在しています。
その中でも典型的なものが株価が低迷している企業の株を短期間で吊り上げ、注目集めることで株の価格をさらに高めると言う対応を取るところから始まります。
価格の急騰に反応した個人投資家の買いを煽り、大きく価格を吊り上げた段階で売りを仕掛けることで株価を暴落させて利ざやを稼ぐという仕組みです。
この様な手法は大きな資金がなければ難しい手法であり、かなり大胆な行動が必要になります。
仕手株と言うのはこの様な株価操作に伴う仕手筋に利用されている株式のことであり、株式会社買取王国の株も条件が整えばその様に利用されるリスクが少なくない株であると言えます。
その背景には株価が安く、規模も小さく、大きな資金があれば操作しやすいという環境にあることが理由となります。
そのため理由のな大きな変動には注意しましょう。

人気記事一覧